トレーラーオフィス5

  • 2020.04.28 Tuesday
  • 07:46

JUGEMテーマ:キャンピングカー

 

<在宅ワーク5>

 

  

 

ただ、問題は〜 荷物の一時保管とか、梱包スペースとか、書類や本類の保管場所が必要。トレーラーはキャンプにも使いたいし、来客用の部屋としても使いたい。だから、あえて「オフィスです!」って感じを出したくない。あくまでも、楽しい空間、自然な空間を保ちたい。さらに私のトレーラーは緊急時の部屋としても使えるように一通り準備もしてあるので、オフィスに関係のないものも収納されてる。

 

ここで家オフィスとの併用! 重要な書類やプリンター、本類等は家の中のオフィススペースを利用。


つまり書庫としての使用にする。そして、仕事をする時は、コンピュータとその日に必要な書類だけトレーラーに持ち込んで(音楽をきくステレオはキャンプでも使えるから、トレーラー内に常備)家とは別の場所で快適に仕事。自宅はリラックスできる場所、生活の場所としてそのままキープ。仕事に必要なものだけ持ち込めばトレーラー内をオフィスイメージにしてしまわなくても済むし、移動オフィス時も問題なくこなせる! キャンプに行こーって決めたら、車に連結させるだけ!!

 

だいたい、なぜ、わざわざオフィスイメージのある部屋で仕事なのかわからない笑笑
リモートワークや移動オフィスってのは、「定置オフィス」ではない良さを出さなければ
もったいない! とおもう。

 

コンピュータ片手にビーチの前で仕事、コンピュータ片手に森の中での仕事、つまりどこでも仕事ができるのがリモートワークの特徴である事を考えるとせっかくリモートワークやるなら、わざわざ「オフィスイメージ」ある車内や部屋で、あるいはいつもの会社のような空気の中での仕事ではもったいないもっと自由に、もっと自然に、もっと違う空気と雰囲気と〜「一般的なオフィス」から離れたところでやる仕事はまた楽しい!


ちなみに私は仕事柄、出張中はいつも違う環境での仕事になる。(まあみんなそうか笑)本社に行けば、オフィス部屋を1つ貸してくれたり、お客様のところでちょちょって仕事したり、新幹線の中だったり、待合室だったり〜自然に会いたい時は、ぶらっと出かけて湖や山の中で仕事したりー。こんな私がオフィスらしくないトレーラーを「定置オフィス」として普段使う。。。
これは本当に自分らしいなって自分で思う笑笑

 

ただ、正直言えば〜 オフィスらしいオフィスもいつかどこかに欲しい〜 かっこいいもん!

 

多分、今回のコロナの問題で、職を失った方や、職種を変更せざるおえない方、今後の仕事への展開を考えてる方達が、「独立への道もある」って感じて、今後自分自身に挑戦してくる事と思います。また、リモートワークの難しさを知って、工夫したいと思ってる方もいらっしゃる事でしょう。その時に、今までのオフィス形態をもう一度考えてみてください。

 

もちろん外に借りれるぐらい余裕があればそれは最高かもです。でも、こじんまりと小さな仕事から大きくしていこうって思ってる人は外に借りるオフィス代をセーブしながら、まずは、自分の仕事に集中できる環境を整える。

 

でも、「移動オフィス」は、「定置オフィス」の次の段階って私は思います。しかも、リモートワークの基礎を作ってからの話。定置オフィスがあって、リモートワークがすでにできてる人で、移動オフィスが便利と思える職種の人は、そういうオフィス形態いいかもですね!

 

プロライト社のトレーラーは、コンパクトで冬にも強い。牽引免許なしで引ける車種からトイレ、シャワーついてるトレーラーでも駐車スペース1台分で収まる車種が豊富。

 

1年リースで契約してる私は、今年いっぱいは借りてるオフィス代を払わないとならないけどでも、今後のために、今、オフィス環境をもっと整えて、もっと頑張らなきゃって。

 

新しいオフィス形態、「トレーラーオフィス」の本格スタートです!
 

カナダ プロライト社製トレーラーのお問い合わせはホームページから

https://rightstufftrade.ca

 

トレーラーオフィス4

  • 2020.04.28 Tuesday
  • 07:25

JUGEMテーマ:キャンピングカー

 

<在宅ワーク4>

 

      

たとえ、勤め先にオフィスがあっても、もしかしたら今後会社の方針が変わってリモートワーク中心になるかもしれない。ただ、全ての職種がリモートワークできるわけではないし、リモートワークには限界もあるし、そもそも人に会うことをしなくなったら、孤独でつまらないことも多くなる。

 

私だって、リモートワークと言いながら、展示会でお客様と話して笑って楽しいし、取引先の方達とのコミュニケーションも楽しい。これがなかったら、リモートワークなんて成り立たない。人と会って話して、その上でのリモートワークであるべきっておもう。

 

ただ、リモートワークが1つの形態であって、それを選ぶのであれば、仕事がやりにくい家の中にあるオフィスではなくて、でも、定置オフィスは必須と思う。


私の場合、今借りてるオフィスは24時間アクセス可能。これまでは、つまりコロナ問題が出るまでは、これでよかった。家オフィスからの移動で、月々の家賃はかかるけど、仕事とプライベートを分ける事に成功し、仕事にも集中できるようになって、仕事効率もアップ。収入も少しだけど入ってくるようにやっとなった2019年。オフィスを外に借りてよかったって、8割以上の自己満足度だった。

 

ところが、コロナ問題が出て移動制限や外出制限が出てくると、数社と一緒のオフィスビルってのが気になり始めた。

今の状況で、1日中そこで仕事できるのか?! ワクチンが出てきて、世界のみんなの元気が出てきたらまた状況は変わる。でも、それがいつなのかわからないし、今後もコロナでない病気も出てくる可能性もある。でも、だからってこんな想像ばかりしてるときりがない。どこかで腹をくくる度胸と勇気と決断と、、、つまりどこかで折を合わせる必要がある。


私の場合、元々リモートワーク。ベースはできている。でも、今回の事でもっと付け加えなければならない事も出てきたけどー(汗)


今回、日本出張からカナダに戻って14日間の強制隔離生活の中で、学んだことはたくさんあるけど、「仕事」に関して言えば

「トレーラーの中で快適に仕事ができる!」ことを確信した。プロライト社製のトレーラーは、コンパクトだけど中は意外と広い。普通に立ったままでトレーラー内を移動できる。(ちなみにトレーラーの最大の特徴は自走式よりも広い事)さらにプロライト社製のトレーラーはシンプルな内装デザイン&色だから落ち着くので、仕事も集中できるし、自分の好きなアロマを使ってさらに集中力を高めたり、リラックスさせたり、、、。コーヒーも出来立て:) トイレも冷蔵庫もキッチンも全部自分専用! 


家の敷地内の1台の車の車庫スペースは必要になるが、トレーラーだから固定資産税はとられないし自走式よりもはるかに維持費は安い。家のWiFiにつなげられるし、夜中の電話や早朝の仕事もトレーラーの中なら家族に迷惑はかからない。通勤もしなくて済む。

 

家オフィスではない、でも、外にオフィスを借りる必要なく定置オフィスとして使用できて
(キッチン、トイレ、シャワー、冷蔵庫付き) 眠い時はベッドの使用もOK。さらに、リモートワークの基礎ができていれば移動オフィスとしても使える


キャンプや来客用の部屋として使っているトレーラーではあるが、
これは最高のオフィスでもあるって素直に思える。

トレーラーオフィス3

  • 2020.04.28 Tuesday
  • 03:37

JUGEMテーマ:キャンピングカー

 

<在宅ワーク:3>

 

  

今、コロナの影響で、在宅勤務者が増えてると思うんですが、本当に、家で仕事するって大変ですよ! 子供がいれば、パパ、ママが仕事してても話かけてくるし、兄弟いれば喧嘩にもなるし。


共働きで二人ともが在宅勤務なんてことになると、仕事がやりにくくて仕方ないと思います。書類もどこかに紛れちゃったり、書類を探してたらついコーヒーこぼしちゃったり、、、働く仲間に何か伝えたい時にその場にいない。相手の時間を考えながら電話連絡したり、コンピュータやソフト、アプリの操作がいまいちわからない時すぐに誰かにきくこともできなくてイライラしたり、同居人が見てるテレビの音がうるさいって思ったり、、。

こうなるとストレスも溜まるので、夫婦喧嘩になるのは当たり前! 


在宅勤務をできるだけ快適に、スムーズに行うためには、単純にコンピュータと電話だけのリモートワークではムリなんです。1週間ぐらいの短期間の仕事ならまだしも〜

 

つまり「場所=オフィス=仕事スペース」が必要なんです。

 

リモートワーク歴は、自慢ですが(笑)長い私にとって、「定置オフィス」のありがたさって本当によくわかるんです。
ちなみに、準備ができてないとリモートワークって簡単に始められないんですよ。

セキュリティーの問題もあるし、ネットのスピードの問題もある。

会社ならそれなりのインターネットの準備ができているけど、いきなり家で仕事って言っても、<隙間だらけ>

こんな状況でよく重要な仕事を家でやって〜って言えるなあああ〜 

正直、これってリモートワークをやったことのない人の考えなんです。今は緊急自体だから仕方ないところもあります。1日違うだけで感染リスクも違うわけなので。だけど、、、、、、


「移動オフィス」も同じです。基本的に「リモートワークの準備」ができてないと、車だけ移動して車の中で仕事なんて理想ではあっても、簡単ではない。家オフィスより難しいと私は思います。
あくまで、定置オフィスがあって、その上での移動オフィスって事でしょう。


なぜなら、オーダされた「物」を確保する場所や梱包する場所、書類の保管や管理等
電話とコンピュータだけでできる仕事は本当に限られてくると思います。

(私の経験上では、旅行の一般的な業務は完全リモートにできるかな。)


だから!自粛要請されて、リモートワークやれって言われたって、それが理想だってわかってても
急にできるわけない。病気になるかもって不安でもオフィスにいかざるおえない人がたくさんいるんですよ。病気になりたくて、人に移したくて、出勤してる人なんてほとんどいないと思います。
みんな頑張ってるんです。そして、これからの仕事形態を考え始めている人もいます。私もそのうちの一人。元々リモートワーク派でリモートワークの準備はできていますが、これだけではダメ!『定置オフィス』も必要。

 

仕事環境ってすごく大切なんです。仕事する場所は関係ないとか言う人もいます。でも、私はそう思わない。特に長い目で見たときにはリモートワークをやるにはいろいろな意味での環境が必要って思います。

トレーラーオフィス2

  • 2020.04.28 Tuesday
  • 03:14

JUGEMテーマ:キャンピングカー

 

<在宅ワーク:2>

 

  

 

 

なぜ、家オフィスではなくて、外にわざわざオフィスを借りたか?
理由は色々あるけど、その中でも最も重要な理由は、
「家で仕事は難しいからだったんです。私にとっては、難しいを超えて不可能だったんです。
それなりのスペースは家の中にあったにも関わらず〜


私はこのトレーラービジネスを始める前は、普通に9-5時で勤めたり、レストランのキッチンで働きながら、並行して常に自分で個人輸入代行とか旅行手配とか、子供服の販売とか、本当に小さな仕事をしながら、でもちゃんと家事をやりながら、両立して細く続けていました。いつか私の夢、カナダと日本が楽しいことでもっと繋がる!を実現させたくて〜


この時は、家オフィスもいいなって思ってたんです。だって、キッチンで料理作りながら、ちょっと時間を見つけてメール返信したり、商品を探したり、お客様の旅行の日程を考えたりって、自分で自由に時間配分をしながら仕事ができる。


仕事道具はコンピュータと電話だけのリモートワーク。まあ、あえて言えば、コンピュータを使うための知識も必要かな。これは全部独学で必要な事を必要な時に学んでいました。おかげでこの時は100%に限りなく近くお客様とはメールでのやり取りのみ。取引先ともネットだけで十分でした。だから本当に自分のタイミングで仕事ができてたんです。


ところが、同じような感覚でプロライト社製のトレーラー輸出ビジネスを始めたら、お客様や取引先、港から、船会社から、税関から、、、色んな方達と電話での連絡が多く始まってきたんです。

日本での展示会や本社への出張、パーツのオーダ&引き取り等、とにかく家オフィスでは不具合が出てきたんです。


こうなると、当然料理しながら電話応対はできず、しかも、日中だけではなくて時差の関係もあって夜中や早朝の電話も入るようになって〜しかも電話の内容によってはそのまま起きて仕事したりで。


おまけに、1台のトレーラーを日本に輸出するのに、書類の量がすごい!しかも重要書類ばかり。
ここで学んだことは、まず、家だと仕事に集中できない。

家なのに仕事場でもあるからリラックスできない。

家族に迷惑もかかる、お客様と商談中に誰かが玄関にくる(宅急便とか)、そうすると犬が吠える(笑) などなど。
これではいけないって思ったので、仕事は仕事ってわけるために、24時間アクセス可能なオフィスを
借りることにしたんです。

 


 

トレーラーオフィス1

  • 2020.04.28 Tuesday
  • 03:01

JUGEMテーマ:キャンピングカー

 

超久しぶりの更新です。今回のテーマは <トレーラーオフィス>

ちょっと話が長くなるので、何回かに分けて掲載します

   

<在宅ワーク:1>

 

カナダと日本の往復やカナダ国内での移動の多い仕事柄、私の仕事形態は元々リモートワークで、
現在も継続されているのですが、コロナの影響で、日本への行き来や、カナダ国内の移動でさえ自由でない今、

定置オフィス」のありがたさを感じこれからの新しいオフィス形態を考えて実行に移し始めました! :)

そう! 今は、移動オフィスじゃなくて、「定置オフィス」です。

まず! 「家オフィス」つまり自宅の中にあるオフィススペースの片付けからスタート!

 

私は4年前ぐらいから家から車で10分ぐらいのところに、オフィスを借りて、移動していない時は
ここをメイの仕事場所として使用しています。でも、外出自粛や規制があることと、数社が入ってるビルは、今はあまり行きたくないのでしばらくは家で仕事をやろうって思い、笑っちゃうぐらいグチャグチャの物置と化した「家オフィス」を片付けようって思ったのがきっかけ。

 

ちなみに、家の中で片付けていないのはこの部屋だけ。見えるところだけ掃除機とかはかけてるけど、とにかく、「物置 部屋」
それなりに片付けるのに3日かかった (汗)

 

片付けをやりながら、今まであれこれ経験してきたことや、まさに今経験してる事を考えてるうちに、新しい私なりのオフィス形態を思いついたので、ちょっと皆さんとシェアーしてモチベーションあげてこーって。
一人一人の考え方や感じ方は違うので、これがベストではないし、今後私も考えが変わるかもしれないけど〜

でも、今はこの方法で頑張ってみようって思ってます!:)

アンケートにご協力お願いします

  • 2019.12.30 Monday
  • 15:27

JUGEMテーマ:キャンピングカー

今年も後2日ですね〜 

皆様のお陰で、私にとって本当にいい年となった2019年でした。2020年はどんな年になるかなあ〜

 

さて、来月末1月31日〜2月2日の3日間、千葉県の幕張メッセにて日本最大級のキャンピングカーショー が開催されます。プロライト 社製のトレーラーは、代理店である(株)ケイワークス のブースで展示販売されます。もちろん私もカナダから駆けつけての参加です!展示会場で多くの方にお会いできることを楽しみにしております。

 

と、、、アンケート作ってみました。粗品ですがちょっとしたプレゼントも抽選であります。(発表は2月4日)

特に、プロライト 社製のトレーラーに興味のある方、ご購入を考えていらっしゃる方、どのトレーラーにするか迷っていらっしゃる方や弊社からのイベント情報等をご希望される方は、いただいたメールアドレスに情報を送らせていただきますので、ぜひアンケートに協力していただければと思っております。

 どうぞよろしくお願いします。 https://rightstufftrade.ca/free/questionnaire

 

それではみなさん! 良いお年をお迎えください。来年もよろしくお願いいたします

直美

 

クリスマスグリーティングビデオ

  • 2019.12.23 Monday
  • 15:06

グリーティングビデオです。今年もたくさん笑いました!これも皆様が応援してくれているからだと心より感謝してます。

来年はもっとブログにも力を入れようと思っています。頑張るぞー

2020年、皆様にとってとても素晴らしい年となりますように。

来年もどうぞよろしくお願いします。

直美

 

日本初!カナダプロライト 社MINI上陸!

  • 2019.08.18 Sunday
  • 01:13

JUGEMテーマ:キャンピングカー

 

お客様からオーダーを頂いてから約3ヶ月。無事にトレーラーMINIが群馬に運ばれてきました。これから<もの>として輸入されたトレーラーを<車両>とするために、予備検査を通したり、車両登録する準備が始まり、1ヶ月後ぐらいにお客様へ納車されます。プロライト 社は非常に日本に協力的で、日本からオーダーが入ると工場がトレーラーを日本仕様で作り始めます。つまり、<作りたて>のトレーラーをお客様に提供させて頂いております。カナダ・アメリカ向けのトレーラーを年間800台以上作っていくその工程に、日本仕様として生産ラインに入れてくれて、トレーラーを作ってくれるんです。本当にありがたいです。

2台あるMINI、1台はお客様へ直納車。1台は車検後北海道へ運ばれます。そして代理店(株)上嶋自動車にてご覧いただくことができます。また、来週末に名古屋に着く船でMINIと横にスライドアウトするモデルのPLUSが代理店(株)ケイワークス に展示されます。すでに1台は仮売約になっておりますので、11月の名古屋での展示会後、次の便を用意する予定でおります。なお、オーダーを入れてからの生産、納車になるので、納車までのお時間は4ヶ月ぐらい頂いております。

カナダケベック州から日本へ。カナダ・アメリカでは当たり前のトレーラー文化が日本でも徐々に広まりトレーラーの便利さに気がつきつつある日本!もっと多くの皆様の笑顔が見える日はそこまできてますね。とても嬉しいです!

Shannon Falls(シャノン・フォールズ)滝

  • 2019.08.11 Sunday
  • 05:02

JUGEMテーマ:キャンピングカー

久しぶりにブログ更新です。

 

1年ぐらい前から、体力を維持しつつ、さらに体力をつけようとジムに通っています。今の私は仕事であちこちいかなきゃならないので身体を壊さないようにするためにも、自己管理をしなきゃと頑張っています。

ジムに行く時間は週に4回ぐらいで早朝ですが、今日はちょっと気分を変えて、愛犬セシーと一緒に車で1時間ぐらいのところにある

シャノンの滝というところに行きました。車を降りて少し歩くと滝がよく見えるところに着くんですけど〜 まだ朝7時ぐらいの時間帯だったので、夏はいつも混んでいる場所も誰もいなくて、思い切り新鮮な空気を吸ってきました!もちろんセシーも大喜びで

あちこち走っては匂いをクンクン。。。あははは。単純でとても可愛いです!

 

夏だからかいつもの水の量よりも少なくて、イマイチ勢いにかける今日の滝ですが、皆様にもこの空気伝わるといいな。

 

プロライト 社製LOUNGE(ラウンジ)の利点:その1

  • 2019.06.25 Tuesday
  • 01:24

JUGEMテーマ:キャンピングカー

 

約11000km、カナダ横断の旅を終えて無事に自宅に戻って来ました。皆様に応援をいただいて感謝しております。

 

道中は色々ありましたね〜 モントリオールからの帰り道はキャンプ場に泊まったり、キャンプ場がなくて道の脇に泊まったり。

でも、常に水とガスと食料を積んで走っているので、全く心配なかったです。

というより、普通に車だけで走っているよりも気が楽です。私はいつも愛犬のセシーと一緒なんですが、ホテルだとペットダメってところもあるし、あってもペット代で1泊20ドルぐらい取られたり、夏は犬を車においてちょっと食事とか、ちょっと買い物ってことはできないので、(車の中はすぐに暑くなって犬も人間も死んじゃいます)本当に気を使うんですよ。

 

でも、キャンパートレーラーがあると、まず道の横にスペースがあれば最悪そこでなんとかなるし、キャンプ場があれば全く問題ない。スーパーに行かなきゃの時もトレーラーを木陰やビルの陰に駐めてセシーをトレーラーに入れて窓を全部開ければ30度ぐらいの気候なら死んじゃうことはないです。トレーラーは車とは作りが違うので〜

 

食事はセシーと一緒に食べれるし、レストランで食べるより格安です。カナダはチップを払う習慣があるので、意外と外食は高くつくんです。そして、運転に疲れたら、まっすぐに寝れる空間がトレーラーにあって、パッと寝ちゃう。手を洗いたい時も、顔を洗いたいときも、チョチョっとシンクでできちゃうんです。私のトレーラーは外シャワーもあるので、途中の湖で遊んでも足だけ外で洗うとか

サンダル洗うとか。。。もちろん、普通にシャワーを浴びることもできます。トレーラーの中のシャワーも使えるんですけど、外でのシャワーは気持ちがいいですよ!

 

日々時間に追われての仕事だけに、何も心配いらない、時間に追われることのない旅は、本当に癒されます。

好きなところにトレーラーを止めて景色をぼーっと眺めたり、パソコンでの仕事はそこでちゃちゃとできるし。

プロライト 社製のトレーラーは引きやすくて、小回りがきいて、安定してる。本当に最高のトレーラーです! これ、牽引した瞬間にわかりますよ。そして、何よりトレーラーを使ってみたらすぐにわかる便利さと楽さと癒し。。。

そして何より楽しい!!!

あああーーまた旅に出たくなって来た(笑)

 

写真はオカナガン(BC州)周辺のワイナリー

ここでワインを買ってキャンプ場で焚き火を前に赤ワイン。美味しかったです!