トレーラーオフィス5

  • 2020.04.28 Tuesday
  • 07:46

JUGEMテーマ:キャンピングカー

 

<在宅ワーク5>

 

  

 

ただ、問題は〜 荷物の一時保管とか、梱包スペースとか、書類や本類の保管場所が必要。トレーラーはキャンプにも使いたいし、来客用の部屋としても使いたい。だから、あえて「オフィスです!」って感じを出したくない。あくまでも、楽しい空間、自然な空間を保ちたい。さらに私のトレーラーは緊急時の部屋としても使えるように一通り準備もしてあるので、オフィスに関係のないものも収納されてる。

 

ここで家オフィスとの併用! 重要な書類やプリンター、本類等は家の中のオフィススペースを利用。


つまり書庫としての使用にする。そして、仕事をする時は、コンピュータとその日に必要な書類だけトレーラーに持ち込んで(音楽をきくステレオはキャンプでも使えるから、トレーラー内に常備)家とは別の場所で快適に仕事。自宅はリラックスできる場所、生活の場所としてそのままキープ。仕事に必要なものだけ持ち込めばトレーラー内をオフィスイメージにしてしまわなくても済むし、移動オフィス時も問題なくこなせる! キャンプに行こーって決めたら、車に連結させるだけ!!

 

だいたい、なぜ、わざわざオフィスイメージのある部屋で仕事なのかわからない笑笑
リモートワークや移動オフィスってのは、「定置オフィス」ではない良さを出さなければ
もったいない! とおもう。

 

コンピュータ片手にビーチの前で仕事、コンピュータ片手に森の中での仕事、つまりどこでも仕事ができるのがリモートワークの特徴である事を考えるとせっかくリモートワークやるなら、わざわざ「オフィスイメージ」ある車内や部屋で、あるいはいつもの会社のような空気の中での仕事ではもったいないもっと自由に、もっと自然に、もっと違う空気と雰囲気と〜「一般的なオフィス」から離れたところでやる仕事はまた楽しい!


ちなみに私は仕事柄、出張中はいつも違う環境での仕事になる。(まあみんなそうか笑)本社に行けば、オフィス部屋を1つ貸してくれたり、お客様のところでちょちょって仕事したり、新幹線の中だったり、待合室だったり〜自然に会いたい時は、ぶらっと出かけて湖や山の中で仕事したりー。こんな私がオフィスらしくないトレーラーを「定置オフィス」として普段使う。。。
これは本当に自分らしいなって自分で思う笑笑

 

ただ、正直言えば〜 オフィスらしいオフィスもいつかどこかに欲しい〜 かっこいいもん!

 

多分、今回のコロナの問題で、職を失った方や、職種を変更せざるおえない方、今後の仕事への展開を考えてる方達が、「独立への道もある」って感じて、今後自分自身に挑戦してくる事と思います。また、リモートワークの難しさを知って、工夫したいと思ってる方もいらっしゃる事でしょう。その時に、今までのオフィス形態をもう一度考えてみてください。

 

もちろん外に借りれるぐらい余裕があればそれは最高かもです。でも、こじんまりと小さな仕事から大きくしていこうって思ってる人は外に借りるオフィス代をセーブしながら、まずは、自分の仕事に集中できる環境を整える。

 

でも、「移動オフィス」は、「定置オフィス」の次の段階って私は思います。しかも、リモートワークの基礎を作ってからの話。定置オフィスがあって、リモートワークがすでにできてる人で、移動オフィスが便利と思える職種の人は、そういうオフィス形態いいかもですね!

 

プロライト社のトレーラーは、コンパクトで冬にも強い。牽引免許なしで引ける車種からトイレ、シャワーついてるトレーラーでも駐車スペース1台分で収まる車種が豊富。

 

1年リースで契約してる私は、今年いっぱいは借りてるオフィス代を払わないとならないけどでも、今後のために、今、オフィス環境をもっと整えて、もっと頑張らなきゃって。

 

新しいオフィス形態、「トレーラーオフィス」の本格スタートです!
 

カナダ プロライト社製トレーラーのお問い合わせはホームページから

https://rightstufftrade.ca

 

トレーラーオフィス4

  • 2020.04.28 Tuesday
  • 07:25

JUGEMテーマ:キャンピングカー

 

<在宅ワーク4>

 

      

たとえ、勤め先にオフィスがあっても、もしかしたら今後会社の方針が変わってリモートワーク中心になるかもしれない。ただ、全ての職種がリモートワークできるわけではないし、リモートワークには限界もあるし、そもそも人に会うことをしなくなったら、孤独でつまらないことも多くなる。

 

私だって、リモートワークと言いながら、展示会でお客様と話して笑って楽しいし、取引先の方達とのコミュニケーションも楽しい。これがなかったら、リモートワークなんて成り立たない。人と会って話して、その上でのリモートワークであるべきっておもう。

 

ただ、リモートワークが1つの形態であって、それを選ぶのであれば、仕事がやりにくい家の中にあるオフィスではなくて、でも、定置オフィスは必須と思う。


私の場合、今借りてるオフィスは24時間アクセス可能。これまでは、つまりコロナ問題が出るまでは、これでよかった。家オフィスからの移動で、月々の家賃はかかるけど、仕事とプライベートを分ける事に成功し、仕事にも集中できるようになって、仕事効率もアップ。収入も少しだけど入ってくるようにやっとなった2019年。オフィスを外に借りてよかったって、8割以上の自己満足度だった。

 

ところが、コロナ問題が出て移動制限や外出制限が出てくると、数社と一緒のオフィスビルってのが気になり始めた。

今の状況で、1日中そこで仕事できるのか?! ワクチンが出てきて、世界のみんなの元気が出てきたらまた状況は変わる。でも、それがいつなのかわからないし、今後もコロナでない病気も出てくる可能性もある。でも、だからってこんな想像ばかりしてるときりがない。どこかで腹をくくる度胸と勇気と決断と、、、つまりどこかで折を合わせる必要がある。


私の場合、元々リモートワーク。ベースはできている。でも、今回の事でもっと付け加えなければならない事も出てきたけどー(汗)


今回、日本出張からカナダに戻って14日間の強制隔離生活の中で、学んだことはたくさんあるけど、「仕事」に関して言えば

「トレーラーの中で快適に仕事ができる!」ことを確信した。プロライト社製のトレーラーは、コンパクトだけど中は意外と広い。普通に立ったままでトレーラー内を移動できる。(ちなみにトレーラーの最大の特徴は自走式よりも広い事)さらにプロライト社製のトレーラーはシンプルな内装デザイン&色だから落ち着くので、仕事も集中できるし、自分の好きなアロマを使ってさらに集中力を高めたり、リラックスさせたり、、、。コーヒーも出来立て:) トイレも冷蔵庫もキッチンも全部自分専用! 


家の敷地内の1台の車の車庫スペースは必要になるが、トレーラーだから固定資産税はとられないし自走式よりもはるかに維持費は安い。家のWiFiにつなげられるし、夜中の電話や早朝の仕事もトレーラーの中なら家族に迷惑はかからない。通勤もしなくて済む。

 

家オフィスではない、でも、外にオフィスを借りる必要なく定置オフィスとして使用できて
(キッチン、トイレ、シャワー、冷蔵庫付き) 眠い時はベッドの使用もOK。さらに、リモートワークの基礎ができていれば移動オフィスとしても使える


キャンプや来客用の部屋として使っているトレーラーではあるが、
これは最高のオフィスでもあるって素直に思える。

トレーラーオフィス3

  • 2020.04.28 Tuesday
  • 03:37

JUGEMテーマ:キャンピングカー

 

<在宅ワーク:3>

 

  

今、コロナの影響で、在宅勤務者が増えてると思うんですが、本当に、家で仕事するって大変ですよ! 子供がいれば、パパ、ママが仕事してても話かけてくるし、兄弟いれば喧嘩にもなるし。


共働きで二人ともが在宅勤務なんてことになると、仕事がやりにくくて仕方ないと思います。書類もどこかに紛れちゃったり、書類を探してたらついコーヒーこぼしちゃったり、、、働く仲間に何か伝えたい時にその場にいない。相手の時間を考えながら電話連絡したり、コンピュータやソフト、アプリの操作がいまいちわからない時すぐに誰かにきくこともできなくてイライラしたり、同居人が見てるテレビの音がうるさいって思ったり、、。

こうなるとストレスも溜まるので、夫婦喧嘩になるのは当たり前! 


在宅勤務をできるだけ快適に、スムーズに行うためには、単純にコンピュータと電話だけのリモートワークではムリなんです。1週間ぐらいの短期間の仕事ならまだしも〜

 

つまり「場所=オフィス=仕事スペース」が必要なんです。

 

リモートワーク歴は、自慢ですが(笑)長い私にとって、「定置オフィス」のありがたさって本当によくわかるんです。
ちなみに、準備ができてないとリモートワークって簡単に始められないんですよ。

セキュリティーの問題もあるし、ネットのスピードの問題もある。

会社ならそれなりのインターネットの準備ができているけど、いきなり家で仕事って言っても、<隙間だらけ>

こんな状況でよく重要な仕事を家でやって〜って言えるなあああ〜 

正直、これってリモートワークをやったことのない人の考えなんです。今は緊急自体だから仕方ないところもあります。1日違うだけで感染リスクも違うわけなので。だけど、、、、、、


「移動オフィス」も同じです。基本的に「リモートワークの準備」ができてないと、車だけ移動して車の中で仕事なんて理想ではあっても、簡単ではない。家オフィスより難しいと私は思います。
あくまで、定置オフィスがあって、その上での移動オフィスって事でしょう。


なぜなら、オーダされた「物」を確保する場所や梱包する場所、書類の保管や管理等
電話とコンピュータだけでできる仕事は本当に限られてくると思います。

(私の経験上では、旅行の一般的な業務は完全リモートにできるかな。)


だから!自粛要請されて、リモートワークやれって言われたって、それが理想だってわかってても
急にできるわけない。病気になるかもって不安でもオフィスにいかざるおえない人がたくさんいるんですよ。病気になりたくて、人に移したくて、出勤してる人なんてほとんどいないと思います。
みんな頑張ってるんです。そして、これからの仕事形態を考え始めている人もいます。私もそのうちの一人。元々リモートワーク派でリモートワークの準備はできていますが、これだけではダメ!『定置オフィス』も必要。

 

仕事環境ってすごく大切なんです。仕事する場所は関係ないとか言う人もいます。でも、私はそう思わない。特に長い目で見たときにはリモートワークをやるにはいろいろな意味での環境が必要って思います。

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM