トレーラーオフィス2

  • 2020.04.28 Tuesday
  • 03:14

JUGEMテーマ:キャンピングカー

 

<在宅ワーク:2>

 

  

 

 

なぜ、家オフィスではなくて、外にわざわざオフィスを借りたか?
理由は色々あるけど、その中でも最も重要な理由は、
「家で仕事は難しいからだったんです。私にとっては、難しいを超えて不可能だったんです。
それなりのスペースは家の中にあったにも関わらず〜


私はこのトレーラービジネスを始める前は、普通に9-5時で勤めたり、レストランのキッチンで働きながら、並行して常に自分で個人輸入代行とか旅行手配とか、子供服の販売とか、本当に小さな仕事をしながら、でもちゃんと家事をやりながら、両立して細く続けていました。いつか私の夢、カナダと日本が楽しいことでもっと繋がる!を実現させたくて〜


この時は、家オフィスもいいなって思ってたんです。だって、キッチンで料理作りながら、ちょっと時間を見つけてメール返信したり、商品を探したり、お客様の旅行の日程を考えたりって、自分で自由に時間配分をしながら仕事ができる。


仕事道具はコンピュータと電話だけのリモートワーク。まあ、あえて言えば、コンピュータを使うための知識も必要かな。これは全部独学で必要な事を必要な時に学んでいました。おかげでこの時は100%に限りなく近くお客様とはメールでのやり取りのみ。取引先ともネットだけで十分でした。だから本当に自分のタイミングで仕事ができてたんです。


ところが、同じような感覚でプロライト社製のトレーラー輸出ビジネスを始めたら、お客様や取引先、港から、船会社から、税関から、、、色んな方達と電話での連絡が多く始まってきたんです。

日本での展示会や本社への出張、パーツのオーダ&引き取り等、とにかく家オフィスでは不具合が出てきたんです。


こうなると、当然料理しながら電話応対はできず、しかも、日中だけではなくて時差の関係もあって夜中や早朝の電話も入るようになって〜しかも電話の内容によってはそのまま起きて仕事したりで。


おまけに、1台のトレーラーを日本に輸出するのに、書類の量がすごい!しかも重要書類ばかり。
ここで学んだことは、まず、家だと仕事に集中できない。

家なのに仕事場でもあるからリラックスできない。

家族に迷惑もかかる、お客様と商談中に誰かが玄関にくる(宅急便とか)、そうすると犬が吠える(笑) などなど。
これではいけないって思ったので、仕事は仕事ってわけるために、24時間アクセス可能なオフィスを
借りることにしたんです。

 


 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM